いま話題の次亜塩素酸水、実際の効果はいかほど?

お掃除&除菌

消毒用エタノールが店頭やAmazonから消えて久しい今日この頃。
そんなとき彗星のごとく現れた次亜塩素酸水は、まるで救世主かのように見えました。

しかし昨日「次亜塩素酸水は新型コロナには有効性が認められない」という報道が出てからは、SNSでトレンドになるほど物議を醸していますね。

「次亜塩素酸水」現時点では有効性は確認されず NITEが公表 | NHKニュース
【NHK】NITE=製品評価技術基盤機構は、新型コロナウイルスの消毒目的で利用が広がっている「次亜塩素酸水」について、現時点では有…

そこでまず最初にとても大切なことをお伝えしておきたいのですが、

次亜塩素酸水を加湿器等に入れて空間噴射することは、絶対にやめましょう。

https://www.nite.go.jp/data/000109500.pdf

↑こちら上記の報道の根拠となったNiteのファクトシートなのですが、一部を以下に抜粋します。

(1)WHOの見解
「消毒剤を人体に噴霧することは、いかなる状況であっても推奨されない。これは、肉体的にも精神的にも有害である可能性があり、感染者の飛沫や接触によるウイルス感染力を低下させることにはならない」

(2)米国疾病予防管理センター(CDC)の見解
医療現場の消毒に係る一般論として「消毒剤噴霧は、空気や表面の除染のためには不十分な方法であり」、「一般衛生管理には推奨されない」としている。

消毒剤の噴射により空間が除菌されるという実績も根拠も現在のところ見つかっていないというのと、むしろ人体に有害であるという報告があるらしいので、絶対に空間噴射はぜず、掃除に使用するにとどめましょう。

さて本題

何を隠そうわたくし…

先々週、Amazonで買っちゃったんですよね~~😅
エヘ。

現在はAmazon内の別ショップにて¥7,150で販売されてました

購入したのは、エコムーバーなる会社が出している「ジアムーバー酸化水」。
Amazonにて20L¥5,800(税込)。

サイトのうたい文句を読む限り非の打ちどころがない完璧な消毒液に見えたんですが、詳しく調べているうちにいろいろな特徴が判明してきたので、わかる範囲で細かく書いていきたいと思います。
ただしあくまで素人の見解ですので、使用する際は自己責任でお願いしますね。

結論から先にいいますと、使い方さえ間違えなければ頼もしい味方になってくれるのではないかなと思います。
まあ、どんな製品にも言えることですが。

↑こちらが公式サイトなんですが、購入前に見たときと内容が変わってますね。
以前は製造方法が明記されてなかったのですが、現在は次亜塩素酸ナトリウム+酸+水と明記されています。

先ほどのファクトシートの影響でしょうか。

コック付きの20Lを購入。
理由は後述しますが、もっと小さいサイズにすればよかったと後悔中…

詰替えに必要な高さを出すため下に漫画を敷いてるw

こういう液体系はコック付きが本当に便利。
詰替えがとても簡単で苦にならない

ちなみに容器はこちらのウタマロちゃん。

ちょうどいいタイミングで使い切ったのと、次亜塩素酸水は紫外線を浴びると分解が促進され効果が弱まるとの情報を得たので、遮光されていそうなこちらに入れてみました(もちろん入れる前にしっかり洗浄済)。

いま詰め替え容器も品薄で、なかなか手に入らないですよね~。

まずは長所

1.今の時期でも比較的手に入りやすい←重要
5/30現在、エタノール系のアルコール消毒液はほぼ全く手に入らないですからね…
法改正で転売は禁止されたはずなのに、Amazonではいまだに高額でしか出品されていません😭

2.使用できる対象物が多い
床やテーブルはもちろん、基本的に水拭きできる素材ならなんでも使えるという事で、取り扱いが簡単。
メーカーサイトによれば二度拭きの必要もなし。

ただしどのくらいの量を使用すれば除菌効果があるのか明記されておらず、ちょいと疑問が残ります。

3.消臭力は抜群
これは実際に使ってみての感想ですが、生ゴミ臭ただようキッチンの蓋付きゴミ箱に次亜塩素酸水をぶっかけてみたら、数分後にはほんの少しの塩素臭しか残ってませんでした。
これはちょっと感動した!

4.肌と同じ弱酸性
サイトではお肌に優しいとの記載があるので安心していましたが、上記のファクトシートいわく根拠が不明とのことで、若干不安に感じております…😓
ただし使用時けっこう素手にかかったりしてますけど、いまのところ手荒れや湿疹等の異常はないです。

具体的な使用方法

まずは定番の床掃除。
おなじみの相棒、3Mで拭いていきますよ。

有機物に触れた瞬間に分解されるそうなので、アルコール消毒のときよりも多めにかけていきます。

 


↑大活躍のモップ。手入れもラクちんで超おすすめ。

洗面所でも大活躍

お次は洗面台の混合栓やレバーと、洗面ボウルのつなぎ目。
ふと気づくと赤カビや黒カビができてたりするんですが、寝る前に次亜塩素酸水をかけたら朝にはすっかりキレイになってました。

あとわが家はあまり湯舟に浸からないので、バスタブの排水口もいつのまにやら赤カビが。
こちらも夜かけて朝にはきれいさっぱり消えてました。

テーブルも拭いちゃう

こちらもビッシャビシャになるまでかけたあと、ふきんで拭いていきます。

目に見えないもの(菌)との戦いなので正解は分からないですが、拭いた後はほんのり塩素の匂いが漂うので、消毒された感はある。
塩素臭=清潔 というすりこみもあるので、気のせいの可能性ももちろんある。

お次は短所

これはもうね…
買った後、いちばん失敗したなと思った理由が、
1.品質保持期間が超短い!!!
これはもう、でっかいフォントにもしたくなる。
なぜなら購入時の説明に記載が一切なかったから。

そのことを知ったのは、現物が家に届いたときでした。

3ヶ月ってアナタ。
それはさすがに書いとこうよ。
こちとら20Lも買っちゃったよ…1ヶ月あたり¥1,933…

結果的に、かなりコスパの悪い買い物をしてしまいました😭

2.対象物に直接吹き付けないといけない
基本的にはキレイにしたいところに直接吹き付ける、という使用方法のためドアノブや引き出しの取っ手の場合だと、液だれして使いづらいかもしれません。
まあほぼ水なので拭き取ればいいだけなんですけど。

布巾に吹き付けてからだとその時点で分解が始まり、拭くころにはただの水になっているのでは…という心配がどうしてもよぎる。

このへんのことがサイトにもっと詳しく書いてあるといいんですけどね。
いまのところふわっとした解説しかなく、いまだ疑問のままです。

3.効果のほどが不明
それを言っちゃおしまいよ…って感じなんですが。
エビデンスが揃ってないこともまた事実。

比較的最近出てきたものなので仕方ないっちゃ仕方ないんですけど、まあぶっちゃけ信頼と実績のエタノールが恋しい今日この頃ですよね。

↑私が愛用していた業務用エタノール(Amazonで購入)。
再販されるのはいつになるやら……

結論

政府推奨の界面活性剤や塩素を薄めたものでの除菌は、効果はお墨付きなんですが二度拭きしないといけなかったり金属はだめだったり泡立ったりして使い勝手が悪いんですよね。

それに比べたら断然扱いやすい、次亜塩素酸水。
アルコール消毒剤が手に入らなくて、でもどうしても二度拭きなしで除菌したい!という方は、試しに一度買ってみても良いと思います。
効果がないわけではないようですし。

ただし、家庭用で使用する程度ならくれぐれも大容量は買わないように。
使用期限がとおっても短いですから(根に持ってる)。
私はぶっちゃけ、リピート購入はしません😅

この先もエタノール消毒液の品切れが続くようなら、酒造メーカーが製造した高アルコール製品を購入すると思います。

 


 


 


やっぱエタノール最強。

流通が復活するまでの間だけでも、高濃度アルコールのみ酒税免除にしてくれないかなあ🤔
そしたら安価で買えるのに…

コメント

タイトルとURLをコピーしました