わたしの布巾の洗い方

お掃除&除菌

毎日使う台所用布巾。
ググってみると、洗い方はほんとうに千差万別。

私の洗い方は主に3種類ありまして、

  1. 煮沸&レンチン
  2. 洗剤垂らして煮沸&レンチン
  3. 酸素系漂白剤で殺菌漂白

という感じです。
どれも大まかな流れは似ているので、今回は2を中心にご紹介していきたいと思います。
※素材は綿or麻を想定しています。

台所用洗剤を垂らす

こんな感じでちょろっと。
ちなみに台所用洗剤は長年JOYひとすじ。

 

食器拭きに使った程度のあまり汚れてない時は、このとき洗剤を使用せずに煮沸のみ。

布巾が浸るまで水を入れる

使用している容器は先日ご紹介した野田琺瑯のレクタングル、サイズは深型のL。

この後火にかけるので、お手持ちの布巾に合うサイズの鍋に入れてください。

点火

沸騰し始めたらOKなので、中火で約5分くらいですかね。
70℃以上の熱湯なら、ほぼ一瞬でほとんどの菌は死ぬらしいです。頼もしい。

これぐらい煮立ってきたら火を消す

シンクに移して流水で洗う

熱いので火傷に気を付けて。
冷めてからでも問題ないですが、すぐに次の工程に移りたいときはミトン等を使ってシンクに移動させ、流水で洗っていきます。

水をためてゆらゆら濯ぐ溜めすすぎなら、泡切れも早い。

 

↑ここ数年は綿100%のこちらを使用。
吸水性は抜群ですが、何層にもガーゼが重ねられているので少し乾きが遅いのが難点。
でも気持ちいいほどキッチリと水滴を拭き取ってくれます。

干す


完全に乾いてから仕舞うようにしてください(湿気は大敵なので…)。

布巾用のハンガー買おうかなとも思ったんですが、どうしてもいまのすっきり片付いたキッチンに置くのがイヤで、部屋干しの洗濯物と一緒に干すことにしました。

アルミ角型ハンガー | 無印良品
フレームはアルミ製のパイプで軽く、ピンチは衝撃に強いポリカーボネートを使用しています。ピンチが劣化した場合は別売のピンチに取り換えが可能です。

ピンチハンガーは無印。挟みやすくて良い。

まとめ

基本は洗剤ナシの煮沸のみで、少し汚れたかなというときに洗剤を垂らすようにしてます。
しっかり洗いたいときは酸素系漂白剤(30分浸ける→流水で洗って干す)。

以前は洗濯機で洗濯から乾燥までしてたんですが、食器を拭いてるときに付く繊維くずとかがどうしても気になってしまって、模索しながらやっとこの洗い方にたどり着きました。

しっかり除菌はしたいけど楽じゃないと絶対に続かないと思ったので、工程はかなり厳選してます。実際にやってみれば、どれも本当に簡単な作業です。

あと、この洗い方にしてからなぜか布巾の吸水性がグンとアップしました。不思議。


最近は新型コロナの影響もあって除菌グッズが品薄になるほど売れているそうで、今年はインフルエンザの罹患率が例年と比べてずいぶん低いそうです。
これぞ怪我の功名…引き続き気を引き締めて、なんとか乗り切っていきましょう!


掃除好き&除菌好きの私が集めた知見が、少しでも皆さんのお役に立ちますように…🥺

落ちワタ混ふきん12枚組 | 無印良品
紡績工場で出た落ちワタを活用してざっくり織り上げました。吸水性がよく台拭きや掃除などに幅広く使えます。

最近は無印の落ちワタ混ふきんも気になる。薄くてすぐ乾いてくれそう。
(以前販売してたものと少し違う…?リニューアルしたのかな)

2/29追記
買いました。めっちゃ良かったので、記事を書こうかしら。。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました