流氷2020 in斜里&知床

北海道の観光スポット

いつかは見たいとずっと思っていた、流氷。

北海道に住まなければ夢で終わるところでしたが昨年ついに見ることができ、そのときの流氷が本当に素晴らしくて今年もたまらず見に行ってしまいました‼

穴場のビューポイントも載せてますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

流氷デビューは「おーろら」に乗って

網走流氷観光砕氷船 おーろら 公式ホームページ
網走の冬の醍醐味、オホーツク海の流氷を船...

道の駅 流氷街道網走から出てますので、とっても分かりやすいです。
チケットは当日乗り場の受付でも買えますが、いっぱいだと乗れないこともあるので一応予約していったほうが良いかも。

【網走流氷観光砕氷船おーろら】予約・アクセス・割引クーポン - じゃらんnet
網走流氷観光砕氷船おーろらの予約ならじゃらん遊び・体験予約 営業期間:営業時間:08:00〜18:00、交通アクセス:(1)バス利用の場合 網走駅から砕氷船のりばまで、市内観光施設めぐりバスで約10分 女満別空港から砕氷船のりばまで、知床エ

後から知ったんですが、じゃらんで割引価格で購入できるようです。
定価で買ってしまったぜ… ぐう…

2019年は2月21日に行きました

このときの網走は、海岸や港にまったく接岸していなかったので流氷を見られるかとても心配だったんですが、船で沖まで行けばご覧のとおりいくらでもありました😅

でも風向きによっては船で行けないほど流氷帯が遠く離れてしまうこともよくあるらしいので、こればっかりは本当に運ですね…(ちなみ流氷が無い日はコースも短いものに変わり、チケットも少し安くなります)

今年は接岸ねらい

昨年の順調なデビューですっかり流氷の虜となった私たち。
今年は違った角度で見てみようということで、レンタカーを借り斜里から知床のあたりを周りました。

主な行先は以下の4カ所↓

  • 以久科原生花園
  • 知布泊(流氷展望ひろば)
  • 幌別橋
  • フレペの滝展望台(知床自然センター)

それぞれ解説していきます。

以久科原生花園(いくしなげんせいかえん)

この場所は流氷なび(@ryuhyonavi)さんのTwitterで知りました。

流氷の時期はほぼ毎日、斜里町周辺の画像&動画をTwitterにアップしてくださいます。
タイムラグのない情報が欲しい方はフォロー必須。

遠方から流氷を見に行きたい我々にとっては、とてもありがたい存在。

ちょうどよく人が写り込んでいるので、その雄大さがおわかりいただけるでしょうか。

見渡す限り、ぜーーーーーんぶ流氷。
接岸した流氷で波も波音も消え、とくにこの日は風もなかったので、とても非日常的な無音の世界でした。
聞こえるのは、遠くで鳴いてるカモメの声だけ。最高。

無料の駐車スペースあり。
私たちがここに来たときほかに4,5人くらいしかいなかったので、じゅうぶん穴場と言えるでしょう。

視界を遮るものが何もなく、素晴らしい景色を見ることができます。

知布泊(ちっぷどまり)

知布泊 (斜里町その他/カフェ)
★★★☆☆3.00 ■予算(昼):~¥999

こちら普段はお食事処&カフェらしいのですが、2月~3月の流氷シーズンは「流氷展望ひろば」として、駐車場を無料で開放してくださっているそうなんですね。
なんてありがたい…

素敵な写真を撮るなら、個人的には一番おすすめのスポット
こちらも私が行ったときはほぼ人はいませんでした。

道路沿いに「流氷展望ひろば」という看板が立っているので、それを目印にぜひ行ってみてください。

除雪された道に沿って下りていくと…
今回いちばんのお気に入り写真が撮れました

幌別橋(ほろべつばし)

こちらも無料の駐車帯があり車で行きやすい場所。
ただしそんなにたくさんは停められないので、タイミング次第ですね。

国道334号沿いのこの看板を目指すのじゃ

ちなみに一番最初のバエまくってる写真もこちらで撮ったもの。
流氷はどうしても白一色になりがちなので、ほかの景色と一緒に撮るとより壮大さを感じられますね。

フレペの滝展望台(知床自然センター)

知床自然センター公式サイト
知床自然センターは知床国立公園・世界遺産地域の中にあるビジターセンターです。知床の自然の素晴らしさや利用にあたって守るべきルールやマナーを、大型映像やおもしろ展示、知床財団スタッフによるレクチャーを通してお伝えしています。

知床自然センターの駐車場(無料)に車を停め、徒歩でフレペの滝遊歩道を散策。
つきあたりが展望台です。

こんな感じの道をひたすら歩く(片道約1km)
なかなか良い運動になる…
展望台から見る景色
フレペの滝は一部凍っている
美しいアイスブルー

ここのおすすめポイントは、なんといっても北海道ゆかりの動物を見ることができるところでしょう。
夏はヒグマにおびえながらの散策となりますが(かなりの遭遇率らしい😱)、今回は可愛い動物に会うことができました。

おなじみのエゾシカ
よく見ると一頭カメラ目線
アカゲラ
遊歩道を歩いててなーんかコツコツ音がすると思ったらこのお方が一心不乱に木をつついてました

あまり野生動物に近づくことはできないので、ぜひズームに強いカメラを持って行ってくださいネ。

まとめ

今年(2020年)見に行ったのは、2月19日。
この日は絶好の流氷日和で、雪も降らず風もなく気温も低すぎず(とは言ってもー7℃~-4℃くらい)流氷はどこでも接岸してて見放題という、本当に最高の1日でした。

しかも新型コロナの影響で海外からの旅行者はおろか日本人もほとんどおらず、ほぼすべての写真に人の写り込みもなく、良い写真がたくさん撮れました。

もちろん感染を予防するなら出歩かないのが一番ですし、いまは無闇におすすめするわけにもいかないのですが💦
そのへんはご自身で判断してくださいね。


流氷シーズンもあと少し。
人が少ないほうが良いならば、今年はかなりねらい目ですヨ‼(あくまで個人の感想です)




↓オマケの昼食。

時鮭ハラス焼定食(ウトロ産)¥1,600

道の駅うとろシリエトクにあるレストラン、ユートピア知床で食べました。
鮭ハラスのサイズ感がおかしい

おわかりいただけるだろうか…

店頭見本の3倍くらいデカかった。逆の意味で詐欺。
しかも最高に脂が乗ってて(なのにくどくなくて)、塩気もちょうどよくて、めっっっちゃくちゃおいしかったです。

季節によってメニューが変わるそうなので、次回の知床旅行もここでランチにしよう、と早くも心に決めたのでした…😌

コメント

タイトルとURLをコピーしました